SLog2からHDR10へのLUTを作る

どうも世の中にはS-Log2からHDR10への変換LUTが存在しないようなので作った。
S-Log2のwhite paperはどれがオフィシャルなのかわかりにくいんだが、

https://pro.sony.com/bbsccms/assets/files/micro/dmpc/training/S-Log2_Technical_PaperV1_0.pdf

これとかsony.comに置いてあるしきっと信用してもいいものなのだろう。

まずはdesmosでグラフをプロットしてみる。
SLog2からシーンリニアへのカーブ。

SLog2 to scene linear curve

ホワイトペーパーに載っている式はIRE基準なので、
実際の画像ファイルに入っている信号はCV基準だから変換をしないといけない。
SLog2のブラックは64/1024,ホワイト(IRE 100%)は960/1024だそうだ。

上記をもとに、SLog2のサポートをColorSystemに追加した。
https://github.com/nikq/ColorSystem

LUTの読み書きにはAdobe公式のものを使う。
http://wwwimages.adobe.com/content/dam/Adobe/en/products/speedgrade/cc/pdfs/cube-lut-specification-1.0.pdf

できた…風?

例えば要素数33で生成したLUTがこちら。
SLog2_to_HDR10_33