TPMSを買った

駐車場からクルマを出したところ、普段とは違う走行抵抗を感じた。
ハンドブレーキを引きずるようなズリズリ音。

すぐに降りて全周チェックしてみたら、右リアタイヤがパンクしていた。
マジか!ついこの間新品のREGNOに履き替えたばかりなのに。
車載のパンクキットでエアを入れてみたところ
短距離なら自走できそうだったのでそのままディーラーに突っ込んだ。
幸いにもすぐに対処したからビードがまだ平気で、安価な修理で済んだ。

結果は、釘。ゆっくり抜けたから気づかなかったみたい。ちくしょー!
というわけで、その場で TPMS( Tire Pressure Monitoring System ) を買った。

買ったのはAmazonのこれ。

最近のクルマはタイヤ回転速度ベースの簡単なTPMSがついてると思い込んでたんだけど
うちのクルマにはついてなかったみたい。

以前は同じようなのが3万くらいしてたんだけど
最近はずいぶん安価になったようだ。

Amazonの商品、どれもこれもレビューの日本語が怪しかったので
比較して、その中ではわりとレビューが日本語っぽいやつにした。

で、これが届いたもの。

箱がかなり良い。横の説明がちょっとだけ英文が怪しいのはご愛敬。
製品自体のつくりも非常に高品質で、驚異的なコストパフォーマンスだ。

取付自体は非常に簡単で、センサーとロックナットをねじ込むだけ。
ホイールバランスがずれてしまうのはちょっと残念だけど、そこまで気にする人はもっといいのを買いましょう。
ソーラーなので勝手に充電されるのも便利。以前のはシガーソケットにねじ込む形だったんだよね。

早速走ってみたところ、数値が更新されるまでに数分かかる(低消費電力のために更新が遅い)けどそれ以外は良好。
うちの車両はFFなので前タイヤが平均して5度近く温度が高いこととか、冷間と温間の温度の違いとかが良くわかって非常に楽しい。

これでスローパンクにすぐに気づけるようになったぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です